忍者ブログ にほんブログ村 酒ブログへ テクノラティプロフィール
心に思うことを有態に吐露する、気ままなブログ!!
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
笹祝便りが、12月29日(火)に笹祝酒造から届きました。仔細を転記、ご紹介いたします。

■「越後杜氏」と「越後の酒造業」

近現代の日本酒の基本が確立したのは、元禄時代に伊丹諸白の酒造法である「寒造り三段仕込み」が成立してからです。 酒造りも安定し、分業化も進み、酒の量産も行えるようになりました。元禄11年、全国の酒造家は2万7千場余り、 各地に万遍なく所在し1場あたりの酒造米高は平均33石4斗でした。
関東の寒造りは文化・文政期からで、普及を支えたのは越後杜氏でした。越後からの出稼ぎ人は、天保期で1万人を超え、 安政から明治・大正期で2万人を超えていました。越後の酒造業は文化・文政から地主酒造業が発達し、新規の小酒造家を 多数輩出しました。幕末の慶応3年には佐渡を除き800場を超え、明治11年には全国代3位の1011場(全国25,480場)が確認されいます。 現在、新潟県の酒造会社は90社で全国1位、出荷数量は兵庫、京都に次いで第3位になっています。 <参考>日本酒の近現在史・鈴木芳行著

笹祝便り78号 蔵元 笹口孝明

お酒はこだわりの酒屋キシモトこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!

PR
八千代伝・熟柿季節です。
今年も美味しく熟しました。八千代伝酒造の最高傑作 熟柿を味わって見て下さい。希少品。売切れ御免。

お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!!

お酒はこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!

笹祝便りが、6月30日(火)に笹祝酒造から届きました。仔細を転記、ご紹介いたします。

■道楽者(どうらくもの)
「一楽二萩三信楽」(三番は別な表現もある)と言うように楽焼は最も代表的な焼物の一つです。 その楽家3代目の楽道入(どうにゅう)は名工として名高いが、その弟で「道楽」という名人がおりました。 道楽は若いころ、放蕩をしたために家を追われ明暦2年和泉(大阪府)堺に「道楽焼」の窯をひらきました。 印は左文字の「楽」を使用しました。
道楽者”と言えば一般に「酒色や博打などの遊興にふけり、本業に身を入れない者」のことを言いますが、 語源はこの楽焼の名人・道楽から来ていると思われます。
“酒呑み”のことを“左利き(笹祝便り№74)”と言いますが、酒飲みの道楽が左利きだったことからとの説もあります。
なお仏教用語では道楽を「どうきょう」と読み、刹那の俗楽にふけることではなく道を修めて得られる「楽しみ」「悦び」を 表すとのことです。

笹祝酒造株式会社 五代目蔵元 笹口孝明

お酒はこだわりの酒屋キシモトこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/23 スーパーコピー エルメス 財布 vip]
[07/21 NONAME]
[04/28 か。]
[04/28 か。]
[04/28 か。]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
キィシャン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索


人気blogランキングへ