忍者ブログ にほんブログ村 酒ブログへ テクノラティプロフィール
心に思うことを有態に吐露する、気ままなブログ!!
[1] [2]
新潟の 舞鶴鼓の板粕を1キログラムのご案内です。これからの暑い季節の栄養補給に、当方も、 舞鶴鼓の酒粕屋守のみりん粕のブレンドした甘酒(冷蔵庫で保管した冷たい甘酒)を作って毎日飲んでおります。肌の艶もよくなり、髪の毛も白髪無しで順調に育毛が進んでおります。禿頭の系統なのに、髪の毛もふさふさしています。全て、『日本のヨーグルト、甘酒の御蔭だと勝手に思っています。女性の方には、特に作って飲んで頂きたいです。長期間飲み続けると成果が得られるような気が致します。宜しくお願い致します。 ■お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!! ■お酒はこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!
舞鶴鼓酒粕屋守みりん粕(1kg)
PR
◆酒粕で当方が心を込めて作ったココア甘酒 (当店オリジナル、商品商標の全ての権利は当店が保持)を、ご来店のお客<にサービスで飲んで頂いております。御来店心よりお待ちしております。こだわりの酒屋キシモト ■お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!! ■お酒はこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!
◆世界的に権威ある2008年度モンドセレクション、ダイエット食品と健康食品部門金賞 国菊あまざけが受賞致しました。そういう事は、日本で一番、有名で美味しい甘酒と なります。 [ 国菊あまざけ]を飲んで、 この大変な世の中を乗り切りましょう!! ■お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!!
甘酒
◆[国菊あまざけ]を是非、飲んでください。赤ちゃんからお年寄りまで、夏バテ防止にアミノ酸豊富なノンアルコーッルの飲料、甘酒を継続的に飲んで下さい。生姜汁を数滴入れ、冷やして飲むとより美味しいです。アイスクリーム、炭酸飲料よりも、甘酒を常飲されることをお薦めいたします。これで、暑い夏を元気に楽しく過ごせます。 ■お酒はこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!
甘酒
甘酒を、江戸時代の人たちは真夏に飲んでいました。なぜかといいますと、江戸時代に一番死亡率が、高かったのは夏です。喜田川守貞著『守貞漫稿』という書物に、江戸京坂、今でいう東京、京都、大阪、では、夏になると甘酒やが、たくさん街に出て甘酒を売っている絵があります。それを一杯4文ぐらいで売っていた。相当の数の甘酒売り屋が町に出ていたらしく、それを物語るものとして、俳句の季語を調べると、甘酒は今でも夏の季語となっています。以下に当時、甘酒が飲まれていたのがわかります。江戸時代の人々は、死亡率の高い夏に、甘酒を夏バテ防止の栄養ドリンク剤として飲んでいたのです。■お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!!
国菊あまざけ


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/23 スーパーコピー エルメス 財布 vip]
[07/21 NONAME]
[04/28 か。]
[04/28 か。]
[04/28 か。]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
キィシャン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索


人気blogランキングへ