忍者ブログ にほんブログ村 酒ブログへ テクノラティプロフィール
心に思うことを有態に吐露する、気ままなブログ!!
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当店がある猪名川町を縦断する県道の南の入り口に、今日、マスコット「いなぼう」が建立されて皆さんにお披露目されていました。最近までは、幕で目隠しされていました。猪名川町の特産品、イノシシをモチーフにしていると思われます。猪名川町の南の玄関の目印になります。皆様も「いなぼう」を見に来て、一緒に写真を撮って下さい。ついでに「 こだわりの酒屋キシモト」にもお寄り下さい。 ■お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!! ■お酒はこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!
いなぼう2011.02.24(木)
PR
いよいよ隣接賃貸店舗の完成も近づいてきました。賃貸室内の内装に取り掛かっているようです。そして、猪名川町始めてのシースルーエレベーターも設置完了したようです。これからは、能勢電鉄・日生中央駅前のシースルーエレベーターを目出して、こだわりの酒屋キシモト、御来店頂ければ幸いです。わざわざ訪れて頂けるような真の酒屋を目標に頑張って行きますので、今後とも、よろしくお願い致します。 ◆お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!! ◆お酒はこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!
キシモト20100512
ミヤコカンアオイのガク(花)を一部切り取り、人工交配にチャレンジ致しました。しかし、実際は文献のように雄芯、雌芯が明確でなく、どれがメシベかオシベか判りませんでした。筆で何と無く筒状の中をかき混ぜておきました。上手く種子が出来れば成功、出来なければ失敗と言うことでしょう。 ■お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!! ■お酒はこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!
ミヤコカンアオイ
 2010年1月12日(火)よる8時54分放映、開運なんでも鑑定団で守護大名・大内氏の書状(山口県 山本 俊彦さん所有)が鑑定され29代大内家当主、大内政弘から家来、安富彦三郎に宛てた応仁の乱(1467年)関連の古文書の中で、当店がある猪名川町(旧原村)の地名が明記されていました。 応仁の乱(1467年)守護大名・畠山氏内部の家督争いへの将軍家(足利義政)の調停失敗が泥沼の東西両軍に分かれて、延々11年間も戦い続けた不毛の戦へと繋がっていった。(色んな状況が絡まり、わけが判らない状態に至る。) 現在の時代に当てはめると、与党の民主党、国民新党、社民党の政策の不一致等による調整役で、決断をしなければならない鳩山首相が優柔不断の決断力のなさで、政治は乱れ、国民生活は希望をもてなく荒れ果てる。(クローバル化で、世界に対して、対応と決断が求められる時代である。)  そして、民主党、自民党の両党に分かれて長きに渡り、国民のことは置いといて、不毛の政権争いに突入。 本当に、応仁の乱の1467年と民主党政権奪取の2009年は、変化の次期としては、500年の時を超えても、同じ道を歩んでいきそうで怖いので、5百年前の混沌とした時代を今新たに検証し、国政に生かすべきである。 そのことが、出来る古文書が見つかり、本当に有り難い事である。 500年前の方とそれを継承し、優良保存して頂いた先人たちに、感謝いたします。 古文書の当地に関する地名等の説明は、…前略…摂津・池田・原田・芥川…中略…去月、23日以来、中郡、下郡剰え丹波堺に至り、日々勢いつかわし候、26日□多田庄の奥、原村において合戦いたし、敵数多討ち捕らえことに細川駿河守以下、行方知れず… 省略…です。東軍(細川勝元)、西軍(山名宗全)に分かれて11年間にも渡り、足利将軍家おも、互いに利用し、全国を2分して戦が行われました。王城の地、京都は、焼け落ち廃墟となり、戦国時代に続く下克上の要因となりました。500年の時を超えて猪名川町の新しい真実(応仁の乱、古戦場)が確認できました。 奈良の大仏にも銅を提供し豊臣家の台所を潤した多田銀銅山(資料館・悠久の館あり)に、勝るとも劣らない素晴らしい発見です。 皆さん、是非、猪名川町にお越し下さい。そして、古のツワモノどもの夢の後を確認して下さい。 ■お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!! ■お酒はこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!
山本俊彦様所有、大内家大29代当主大内政弘の書状
今日は、朝から丁稚ようかんを買いに行きました。バイクでビュンと人走り買いに行きました。子供の頃は、木の箱(切ったスジ入りの丁稚羊羹)に入っていたのを、コテですくってどれだけ食べるかを、親戚が皆集まるお正月に、競い合っていました。この辺の丁稚ようかんは、水羊羹であっさりしていて、小豆(こしあん)と寒天と砂糖がマッチしていて、そんなに甘くなく、沢山食べれます。高級な練羊羹ではなく、庶民が食べれる水羊羹で、此方の地域では、冬の大切なコミニュケーションの和菓子として大活躍していました。今後も、このような習慣が長く続いてほしいです。洋菓子も美味しいですが、和菓子も美味しいですので、皆さんも地元特産の和菓子を、お正月ぐらいは食してみてはいかがですか? ■お酒はこだわりの酒屋キシモトでお買求めを!! ■お酒はこだわりの酒屋キシモトもばいるでお買求めを!!


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/22 ルイヴィトン 財布 激安]
[07/23 スーパーコピー エルメス 財布 vip]
[07/21 NONAME]
[04/28 か。]
[04/28 か。]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
キィシャン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索


人気blogランキングへ